商品案内

annai-sub1

meishi-sub1

顔の見える会社へ。

その会社は、どんな考えで、何を目指しているのか。
何が強みで、何を提供してくれるのか。
それが見えてきた時、関心と理解が生まれます。
それが正しく伝わった時、共感と信頼が生まれます。
規模の大小を問わず、まず「会社の顔」をはっきりと。
変化の時代だからこそ、
「顔」が見える会社が強いのです。

1,ステークホルダーの理解・共感を得るために。

会社活動を成功させるには、ステークホルダーと呼ばれるさまざまな利害関係者の共感と応援が不可欠です。しかし、会社がどんな考え方で、何をしようとしているのか、何が強みなのか、一言でいえば「会社の存在理由」を理解してもらわない限り、それは生まれるものではありません。私たちがご提案する「会社の顔」づくりとは、まさにそれをはっきりさせるとともに適切な形で表現し、会社案内やホームページなどでアピールしていこうという作業です。

Point1.
理念・使命
Point2.
ビジョン・強み
Point3.
お客様に提供できるメリット
2,まず、整備したい2つのPRツール。
「会社の存在理由」を確認したら内外へのアピールです。中小企業の場合、その中心となるのが公式ホームページで、広くステークホルダーに情報発信できるメリットを活かすか否かで、会社活動にも大きな差が生まれるはずです。もうひとつは、永く会社PRの基本であった会社案内パンフレットで、手元における確かな資料として今後もその重要さは変わることはないでしょう。私たちは、「会社の顔」づくりという明確な意志を持ち、この2つのPRツールの制作に取り組んでいます。
 ya-2 
 「会社の顔」をつくるためのツール   kaonowa